Hugoへの移行失敗

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

このブログはMovableTypeを使っている。そろそろ限界かと思い、最近評判がよさそうなHugoへの移行を試みた。

MovableTypeからHugoへの移行

MovableType2Hugoは、mysqlのデータベースからMovableTypeのデータを取り出してHugoの形式で出力してくれる。

私はレンタルサーバを使っているので、まずはレンタルサーバのデータベースをローカルPCのmysqlにコピー。 それからMovableType2Hugoを実行した。

残念ながら日本語をうまく処理できないらしく、出力結果は「???」だらけ。

MovableTypeからJekyllへの移行

次に、Jekyllを介してHugoに移行することを考えた。 前項で作ったmysqlのデータベースに対し、JekyllImportを実行。

結果はやはり「???」だらけ。

MovableTypeからWordPressへの移行

MovableTypeからの脱出口として三番目に考えたのはWordPress。 レンタルサーバにWordPressをインストールし、MovableTypeからのインポートを行うプラグインをインストール。 MovableTypeからエクスポートしたデータを問題なくインポートできた。

WordPressからHugoへの移行

WordPressのプラグインとしてWordPress to Hugo Exporterをインストールし、有効化。

"Parse error: syntax error, unexpected T_STRING"というエラーが出て有効化できなかった。WordPressのバージョンとプラグインのバージョンが合っていなかったためか。

WordPress to Jekyll Exporterも同じエラーでダメだった。

WordPressからJekyllへの移行

ローカルPCのmysqlデータベースに対してJekyllImportを実行してみたら、これはうまくいった。

JekyllからHugoへの移行

Hugoのimportコマンドを使い、成功。 MovableType -> WordPress -> Jekyll -> Hugoというルートでようやく移行できた。

コメント?

しかし、ここまで来て大きな問題に気づいた。コメントが移行できていない。 移行したファイルにはコメントが入っているが、これを表示してくれるHugoのテーマがなさそうだ。 そもそもHugoは(Jekyllも)静的ファイルを出力するものなので、コメントはデフォルトではdisqusになっている。移行したコメントをdisqusのシステムに載せるのは無理なので、記事の一部としてコメントを表示するよう、テンプレートを書き換えなければならない。

テーマ

Hugoのテーマはたくさんあるが、好みにあうものが見つからなかった。 トップページに最近の記事が数個表示されるタイプは、各記事の一部がHTMLが無視された状態で表示されるものばかり。記事の全体をきちんと表示してくれるものがほしい。自力でなんとかするしかなさそうだ。

断念

結局、Hugoへの移行はいったん諦めることにした。コメントやテーマの問題は、Hugoの人気が拡大すれば解決するかもしれない。もう少し様子を見てみようかと思う。