OCN家計簿/zaim

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

OCN家計簿」が、銀行口座やクレジットカードの明細をインポートする機能と、スマートフォンのアプリと連携する機能を実装していることに気がついた。私がつくろうとしている「Kmoney」と完全にかぶっている。私が思いつく程度のことは、やっぱり誰かが先に思いついているものだ。

しかし、ちょっと試してみた限りではいろいろ問題もありそうだ。

第一の問題は、銀行口座やクレジットカードの明細をインポートするためにはそれぞれのIDとパスワードを入力しなければならないことだ。新生銀行の場合、ログインするためには口座番号、暗証番号、パスワードを入力し、さらにセキュリティー・カードという乱数表から3つの英数字を入力する必要がある。そのため、OCN家計簿は乱数表のデータをすべて入力させるようになっている。これは怖い。入力画面が現れたときに恐怖を感じ、新生銀行の明細をインポートするのは諦めた。ちょっと調べてみたら新生銀行のサイトで「セキュリティ・カードの番号を電子的に登録することは決して行わないでください」と注意されていた。そもそも全ての金融機関のパスワードを一つのサイトに預けるなんて危険すぎる。

第二の問題は二重計上。クレジットカードの明細に出てくる買い物のデータと、銀行口座の明細に出てくるクレジットカードの支払いが、OCN家計簿ではカレンダー上でどちらも出費とされてしまう。クレジットカードや電子マネーを使うと買い物と支払いが分離するので、それぞれ別のカレンダーで表示できなければならない。

連携するスマートフォンのアプリ「zaim」は、ソーシャル家計簿サービスと称している。年齢や家族構成などをプロフィールとして登録しておくと、出費を同様のプロフィールの人たちと比較できる、という仕組みだ。面白いとは思うが、そのため入力ごとに通信が発生し、数秒待たされる。地下鉄の車内など、電波状況が悪いところで入力したらいったいどうなるのか。

「Kmoney」の開発を中止するほどのものではない、というのがとりあえずの結論。