デトロイト・メタル・シティ

  • Posted on
  • by
  • in
ポップミュージシャンを目指して上京した根岸崇一が、どういうわけかデスメタルのバンドのボーカルとしてデビューし、ヨハネ・クラウザー二世としてカリスマ的人気を獲得してしまう。事務所の社長は彼の才能を高く評価するが、彼自身は嫌で嫌でたまらない。大学時代に憧れていた相川さんと再会しても、彼は現在自分がデスメタルをやっていることを言えない...

根岸崇一役は松山ケンイチ。クラウザーを演じているときはよかったのだが、根岸の役はキモチ悪さが出すぎていて、ついていけなかった。もうすこしフツウに演じてほしかった。見ものは事務所の社長を演じた松雪泰子で、下品で暴力的なメタルファンのイメージそのままの役を完璧にこなしていた。よくこんな役を受けたものだと思う。

それにしても、この映画はヘヴィメタルに対する偏見が丸出しだ。頭のおかしい連中がやっている反社会的な音楽、みたいな印象しか持てないようになっている。ファンの一人としてあまり気分がよくなかった。クラウザーのライバル役としてKISSのジーン・シモンズまでひっぱりだしたのだから、もう少し音楽そのものに敬意を払ってほしかった。

公式サイト:http://www.go-to-dmc.jp/
評価:★★★★
トラックバック先:ロックdeシネマ
-----