スカイ・クロラ

  • Posted on
  • by
  • in
押井守監督のアニメーション作品。

戦争がなくなった時代、人々に平和を実感させるためにショーとしての戦争が行われる。空中戦だけで、パイロットは遺伝子操作により年をとらなくなった「キルドレ」と呼ばれる少年少女たち。彼ら、彼女らは撃墜されるまで永遠に出撃しつづける。

主人公のカンナミや上官のクサナギをはじめ、登場人物に感情の起伏がほとんどなく、前半は淡々と物語が展開していく。ちょっと退屈した。押井監督の「イノセンス」を見たときは映像の美しさに圧倒されたが、その後「アップルシード」のような3Dライブアニメが出てきたので、今回の作品は時代遅れのように感じた。しっかり作ってあるのは空中戦のシーンだけで、地上のシーンはどことなく手抜きだった。

しかし語られるテーマは面白い。ゲームのように現実感のない、日常としての戦争。それを表現するために退屈な空気を作ったのか。

公式サイト:http://sky.crawlers.jp/
評価:★★★★
トラックバック先:好きな映画だけ見ていたい ----- PING: TITLE: スカイ・クロラ◆終わらない生の「だるさ」の物語 URL: http://blog.goo.ne.jp/masktopia/e/ece97f621a008fd1d5641f24805bf2a6 BLOG NAME: 好きな映画だけ見ていたい DATE: 08/30/2008 15:07:34      「スカイ・クロラ」 (2008年・日本) 子どものころから空が好きで、よく屋上に出ては雲を眺めていたっけ。たえまなく移り変わる光の色はあまりにも神々しくて、あそこにはきっと崇高な何かがあるとわけもなく信じた。航空機、なかでも戦闘機の美しさに魅了さ... -----