崖の上のポニョ

  • Posted on
  • by
  • in
宮崎駿監督の新作。

ある日、宗介は海辺で空きビンに頭を詰まらせたさかなの子を助け、ポニョと名づける。ポニョは父親に連れ戻されてしまうが、人間になりたいと思いはじめ、再び逃げ出して宗介のもとへと向かう。魔法で女の子に化けていたが、宗介はすぐにポニョだと気づく。

「ポニョ、宗介、好き!」

言葉を覚えたポニョが発したこの言葉が作品の特徴をよく表している。最近の宮崎作品は思想的なメッセージを伝えようとして小難しくなっていたので、こんな単純明快なセリフはなかった。しかし今回は子ども向けで、素直に楽しめる。こんな宮崎アニメをもう一度見たいと思っていた。

映像はCGを使わず、宮崎アニメ特有の美しい背景も抑えぎみで、伝統的なアニメに近かった。ポニョが擬人化された波の上を走って宗介を追ったり、意地悪な婆さんにピューッと水を吹きかけたり、おもちゃのボートを魔法で大きくしたりなど、楽しくて印象的なシーンがたくさんあった。

「ポニョ、宗介、好き!」

公開中にもう一度見たい。

公式サイト:http://www.ghibli.jp/ponyo/
評価:★★★★★
トラックバック先:ミチの雑記帳