4ヶ月、3週と2日

  • Posted on
  • by
  • in
妊娠中絶が違法だったチャウシェスク政権末期、大学生のガビツァがヤミで中絶を行った一日を、付き添ったルームメイトのオティリアの視点で描く。

中絶手術に使うホテルはガビツァが予約したはずだったが、オティリアが行ってみるとどういうわけか予約が取れていない。やむをえず別のホテルを使うことになる。医師のベベとはガビツァが待ち合わせることになっていたのに、直前になってガビツァはオティリアに代わりに行ってくれるよう頼む。ベベは「約束が違う」と怒り、報酬として二人が用意した金額も足りないという。

やや身勝手なガビツァに振り回され、金次第のベベに理不尽な要求を突きつけられながらも、オティリアは中絶を成功させようとする。彼女が置かれている状況もガビツァとそれほど変わらないからだ。彼女は中絶に協力したことを恋人のアディに告げ、私が妊娠したらどうするのか、と問い詰める。彼からは曖昧な答えしか返ってこない。

描かれているのは共産党政権下で女性たちが置かれた厳しい状況だ。しかし単に特殊な状況を描いたというだけにとどまらない普遍性を感じた。ガビツァ、ベベ、アディのキャラクターがよくできているためだと思う。それぞれひどい人間なのだが、根っからの悪党というわけではなく、どこにでもいそうな感じだった。

公式サイト:http://www.432film.jp/
評価:★★★★★
トラックバック先:Nice One!! ----- PING: TITLE: 『4ヶ月、3週と2日』 (2007) / ルーマニア URL: http://plaza.rakuten.co.jp/cucurose/diary/200803090001/ BLOG NAME: NiceOne!! DATE: 04/02/2008 20:07:45 原題:4LUNI,3SAPTAMANISI2ZILE/4MONTHS,3WEEKSAND2DAYS/4MOIS,3SEMAINES,2JOURS監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら.... ----- PING: TITLE: 『4ヶ月、3週と2日』 4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile URL: http://LatchoDrom.exblog.jp/7543556 BLOG NAME: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY DATE: 04/14/2008 08:00:11 傷痕。 1987年のルーマニア、チャウシェスク独裁政権末期、女子大生のオティリアは、ルームメート、ガビツァの違法中絶を手助けする。これは、4ヶ月と3週と2日という期間が描かれているのではなく、長い長い1日の物語だった。去年のカンヌ国際映画祭でパルムド... -----