ノーカントリー

  • Posted on
  • by
  • in
狩りをしていて偶然銃撃戦の現場を発見し、現金200万ドルを手に入れたルウェリン・モスを、200万ドルを奪い返すよう依頼された殺し屋のアントン・シガーが追う。保安官のエド・トム・ベルは追われるモスを保護しようとする。

シガーはボンベが付いた独特な銃を使い、偶然会っただけの人間や自分に協力してくれた人間を冷淡に殺していく。一方、モスも他人を頼ろうとしない孤高の男で、家族を安全な場所に逃がし、200万ドルが入ったスーツケースに発信器が入っていることを見抜き、シガーに反撃する。どこか似ている二人によって緊迫感あふれる追跡劇が展開され、引き込まれた。

しかし、追跡劇があっけなく終わったところで展開がまったく理解できなくなってしまった。途中までは「凶悪な敵を間一髪でかわしつづけ、最後にギリギリのところで倒す」というハリウッド映画の定番ストーリーに沿っていたので、そういう作品として見ていた。それが失敗だったようだ。シガーの不条理な連続殺人を追いかけるつもりで見ていればアカデミー賞を取った理由が理解できたかもしれない。

公式サイト:http://www.nocountry.jp/
評価:★★★★
トラックバック先:水曜日のシネマ日記