明日への遺言

  • Posted on
  • by
  • in
太平洋戦争末期、岡田資中将が率いる部隊が名古屋空襲に参加した米軍機を撃墜し、搭乗していた兵士を処刑した。そのために岡田はB級戦犯として戦後に裁かれることになる。法廷で岡田は「米軍の空襲は無差別爆撃で、国際法違反であり、兵士を処刑するのは正当」と主張した。岡田の堂々たる主張は、アメリカ人弁護士の誠実な姿勢もあり、検事や裁判長の心に響いていく。

東条英機を主人公にした「プライド」みたいな作品をイメージしていたが、全然違った。戦犯法廷は勝者が敗者を一方的に裁いただけのもの、という主張が多い中、この作品が描いているのは被告人の発言の機会を十分に保障する公平な法廷だ。米軍の空襲は国際法違反ではないのか、という問いかけにも説得力があった。だからといって末端の兵士を処刑してよいわけではなく、岡田の主張が成り立っているようには見えなかったのだが。

しかし法廷シーンが延々と続くのでやや単調。眠くなってしまった。

公式サイト:http://www.ashitahenoyuigon.jp/
評価:★★★
トラックバック先:ミチの雑記帳
----- PING: TITLE: 映画 【明日への遺言】 URL: http://blog.goo.ne.jp/oj0216nm/e/c955c1d3cf6569fdafc523b70bba2727 BLOG NAME: ミチの雑記帳 DATE: 03/01/2008 21:25:52 映画館にて「明日への遺言」 大岡昇平の「ながい旅」を原作に、小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。 おはなし:第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級戦犯として裁判にかけられた岡田資中将(藤田まこと)。彼は堂... ----- PING: TITLE: 明日への遺言 URL: http://plaza.rakuten.co.jp/free20mish/diary/200803030000/ BLOG NAME: Good job M DATE: 03/03/2008 09:26:44 公開日 2008/3/1監督:小泉堯史 「雨あがる」、「博士の愛した数式」出演:藤田まこと/ロバート・レッサー/フレッド・マックイーン/リチャード・ニール/富司純子 他【あらすじ】第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級.... ----- PING: TITLE: 信念の人。『明日への遺言』 URL: http://blog.goo.ne.jp/tekuteku_2006/e/33cc4c25a9653efbb81ded2397e2bf06 BLOG NAME: 水曜日のシネマ日記 DATE: 03/07/2008 12:41:05 第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。 ----- PING: TITLE: 映画『明日への遺言』(お薦め度★★★) URL: http://erabu.cocolog-nifty.com/erabu/2009/02/post-0060.html BLOG NAME: erabu DATE: 02/26/2009 21:01:56 監督、小泉堯史。脚本、小泉堯史、ロジャー=パルヴァース。原作、大岡昇平『ながい旅 -----