チーム・バチスタの栄光

  • Posted on
  • by
  • in

難しい心臓手術を26回連続で成功させてきた東城大学附属病院のチームが、27回目から3回連続で手術に失敗し、患者を死なせてしまう。原因はチームのメンバーにも分からず、心療内科の田口が調査にあたるが、いったんは「問題なし」との結論に至る。ところが、そこに厚生労働省から白鳥が乗り込んできて「これは殺人だ」と断定、田口とともに再調査を始める。

田口と白鳥の掛け合いはコメディ調なのに、田口役の竹内結子がコメディの間をつかみきれていないので、白鳥役の阿部寛も不完全燃焼に終わっている。手術失敗の原因解明はシリアスに進むが、手術チームの個々の人物像の掘り下げが足りず、謎解きに深みがなかった。コメディならコメディ、謎解きなら謎解き、ともう少し色をハッキリ出してほしかった。コメディの要素を取り去ると阿部寛はミスキャストになってしまうが...あるいは阿部寛が入ったのが間違いの元だったのかもしれない。

手術のシーンで切り開かれた心臓が繰り返し映し出されるのは結構グロい。マトモに見れなかった。私が以前心臓の手術を受けたことがあるせいだろうか、自分の心臓が切られているような気分になった。

公式サイト:http://www.team-b.jp/
評価:★★★★
トラックバック先:映画のメモ帳+α