日本インターネット映画大賞(外国映画)

  • Posted on
  • by
  • in
日本インターネット映画大賞の外国映画部門に投票します。

-----------------------------------------------------------------
『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ココシリ」    7点
  「ホテル・ルワンダ」    7点
  「イノセント・ボイス」    6点
  「unknown」    5点
  「硫黄島からの手紙」    5点
【コメント】
今年は硬派な作品に傑作が多かったように思います。上記の5作品のうち、4作品までが歴史や社会問題を扱ったものです。とくに「ココシリ」と「ホテル・ルワンダ」には衝撃を受けました。

-----------------------------------------------------------------
【監督賞】              作品名
   [クリント・イーストウッド] (「硫黄島からの手紙」)
【コメント】
予備知識なしで見たら日本映画にしか見えなかったでしょう。ここまでやってくれた監督に感謝。

【主演男優賞】
   [ソル・ギョング] (「力道山」「公共の敵」)
【コメント】
「力道山」ではほとんど日本語で演技していました。役のためにトレーニングしてプロレスラーの体型を作ったとも伝えられました。素晴らしい役者魂です。「公共の敵」での破天荒な刑事ぶりにも圧倒されました。

【主演女優賞】
   [シャーリーズ・セロン] (「スタンドアップ」)
【コメント】
美人女優ではなく、演技派の俳優として評価されたい。そんな意気込みがスクリーンから伝わってきました。

【助演男優賞】
   [フィリップ・シーモア・ホフマン] (「M:I:III」)
【コメント】
「カポーティ」でオスカーを取りましたが、「M:I:III」での悪役ぶりも凄いものでした。

【助演女優賞】
   [コン・リー] (「マイアミ・バイス」)
【コメント】
中国系なのに、南米の犯罪組織とマイアミの警察が対決、という図式の作品に溶け込んでいました。オスカー俳優のジェイミー・フォックスより存在感がありました。

【新人賞】
   [コ・アソン] (「グエムル」)
【コメント】
可愛くて、演技力も確か。将来が楽しみな子役です。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------